2008/10/24


 
こんにちは。DSRecipe担当の鈴木です。
秋は焼き菓子がおいしく感じる季節ですね。
D.S.D.ではおなかが空いたときのスコーンの登場回数は結構多いほう。
フードプロセッサーでバターをカットすれば、焼き時間も合わせて30分くらいでできるんですよ。
プレーンのスコーン。英国ではベリー系ジャムにクロテッドクリームがお約束ですが、メープルシロップをつけて食べるのも美味です。飲み物はアフタヌーンティー風だともちろん紅茶ですが、濃い目のブラックコーヒーでも良いとおもいます。今回はカナダ土産で頂いた一番搾りのメープルシロップがありました。これはとってもライトでおいしかったです。

スコーンを調べていたら、USAではプレーンのスコーンはバターではなくショートニングを使って作ることが多いそうで、呼び名は’スコーン’ではなく、’ビスケット’なんですって。だから、ケンタッキーフライドチキンではオーダー名がビスケットなんだーと納得していた今日この頃です。




 
 
 
 
 



 
 
 
 

スコーン
 
材料
 
小麦粉 250g
ベーキングパウダー 12g
食塩不使用バター 80g
砂糖  30g
塩   ひとつまみ
卵    1コ
牛乳   100cc
 
作り方
 
1.小麦粉とベーキングパウダーを合わせてふるい、粉をまぶしながらバターを包丁で細かく切る。ゴマ粒くらいの大きさがベストです。フードプロセッサーでバターを切ると便利。
 
2.1と砂糖、塩をボールに入れて溶き卵と牛乳を合わせて、ボールに入れて、フォークでかき混ぜて生地をひとまとまりにする。
 
3.麺棒で1.5cm厚さに伸ばして、型で抜くか、包丁で切って成形する。
 
4.オーブンペーパーをしいて、鉄板の上にのせて、艶出しに牛乳(分量外)を刷毛で塗る。
 
5.オーブン200℃で15~18分程度加熱して、いただく。

コメント: コメントを投稿





<< ホーム
 

アーカイブ ファイル

This page is powered by Blogger. Isn't yours?

登録 投稿 [Atom]